懐中時計 髑髏城の七人 Season風



 初、劇団☆新感線。1つの演目を演出&役者を変えて5期分やるというのと、客席が回転する360°舞台というのに惹かれてチケット購入。観に行ったのは「花鳥風月+極」の中の「風」期。

 本当にアトラクションのような舞台だった。幕がスクリーンになっていて風景を映すのと客席が動くのとで余計にそんな感じがしたのかも。こんな場面転換の方法があるんだなーと素直に驚いた。この回る舞台装置、最後のカーテンコールで魅力が爆発していた。いいなーこの終わり方。こういう劇場、他にも出来てほしい。

 全シーズンの中で、松山ケンイチさんのように一人二役をするのが「風」だけという。他の演出と比べてみたいなと思ったので、次の月か極のチケットを取れたらいいなぁ。

 いつも一緒に写メに入れているニャンコ先生がどこかへ行ってしまった…。どこかに入れたかな? 見つからない。


同じカテゴリー(舞台)の記事
 氷艶 HYOEN 2017 破沙羅 (2017-05-24 00:00)
 アラジン (2016-03-28 00:00)
 TOTEM / トーテム (2016-03-14 00:00)
 リトルマーメイド:2回目 (2016-02-01 00:00)
 立川談春 三十周年記念落語会「もとのその一」 (2015-03-16 00:00)
 OVO / オーヴォ (2014-06-13 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。