懐中時計 私たちは生きているのか? / 森博嗣

 「魔法の色を知っているか?」「風は青海を渡るのか?」「デボラ、眠っているのか?」もまとめて。

 毎回ハギリ博士の置かれる状況は結構なヤバさ。でも本人含めた周囲の会話がいつものほほんとしているので忘れる。マガタシキの存在が常に感じられるのが不気味。

 ウォーカロンと人間、そしてハーフの存在。さらに実体を持たない人工知能、体を捨て仮想現実で生活する存在。もう「生きている」ことの定義って何なの?と混乱してくる。登場する仮想現実村で暮らしたいと思ってしまった。


同じカテゴリー(小説)の記事
 神の時空 ~京の天命~ / 高田崇史 (2017-09-15 00:00)
 文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦 / 朝霧カフカ (2017-07-07 00:00)
 君と時計と嘘の塔 / 綾崎隼 (2017-06-25 00:00)
 絹の家 / アンソニー・ホロヴィッツ (2017-04-23 00:00)
 論理爆弾 / 有栖川有栖 (2017-03-26 00:00)
 神の時空 嚴島の烈風 / 高田崇史 (2017-02-17 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。