懐中時計 忍びの国

 洋ものアクションを観たら和ものが観たくなったので。

 思っていた以上に全体がコミカルな空気で、思っていた以上にシビアな締め。こんな軽い感じならこうなるかなーという予想と真逆すぎて何とも言えないモヤモヤ感。原作はどうなんだろう。「忍び」は「忍び」で始めから終わりまで変わることなく、お国さんがいた無門だけが変わったということかな。

 北畠具教vs日置大膳の場面が私的ピーク。日置大膳の渋格好良さを堪能するための映画。

タグ :映画邦画

同じカテゴリー(劇場)の記事
 翔んで埼玉 (2019-02-23 00:00)
 ちはやふる -結び- (2018-05-13 00:00)
 キングスマン / ゴールデン・サークル (2018-04-13 00:00)
 スター・ウォーズ / 最後のジェダイ (2018-01-04 00:00)
 パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊 (2017-10-01 00:00)
 キング・アーサー (2017-07-23 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。