懐中時計 絹の家 / アンソニー・ホロヴィッツ

 コナン・ドイル財団公認の続編。

 今正典に近い新作が読めるなんて、それだけで嬉しい。ホームズ&ワトソン、夫人にお兄さん、懐かしい人物と再会した気分。相変わらずホームズはいろいろ酷いし、事件の内容も陰惨でえげつないけどニヤニヤしながら読んだ。

 第二弾の「モリアーティ」も読むの楽しみ。


同じカテゴリー(小説)の記事
 菩提樹荘の殺人 / 有栖川有栖 (2018-03-07 00:00)
 私たちは生きているのか? / 森博嗣 (2017-10-12 00:00)
 神の時空 ~京の天命~ / 高田崇史 (2017-09-15 00:00)
 文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦 / 朝霧カフカ (2017-07-07 00:00)
 君と時計と嘘の塔 / 綾崎隼 (2017-06-25 00:00)
 論理爆弾 / 有栖川有栖 (2017-03-26 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。