懐中時計 のぼうの城

 脚本→小説化→映画化という道を辿ったからか、「映画化されて失敗だったー!」と小説ファンが絶叫するような悲惨な改変はなくて幸せだなーと思う。全部を映像化するのは無理だと分かっていたけれど、酒巻隊がなくなって「孫の初陣を見守るお爺ちゃんたち」みたいな図が見られなかったのはちょっと残念。好きな場面だっただけに。

 萬斎さん”のぼう様”はどう見ても「愚か者を装っている切れ者」、得体が知れない感は十分あるけれど方向が違う感じ。なんとなくウーパールーパーを擬人化したような人を想像していたし。でもあの舞は萬斎さんしかできないなーと。萬斎さんで良かった。

 小説版も映画版もどちらもそれぞれ好きだ。笑いもアクションも適度にあって楽しめる作品、そして埼玉がちょっと注目されて嬉しかった作品。

タグ :映画邦画

同じカテゴリー(劇場)の記事
 翔んで埼玉 (2019-02-23 00:00)
 ちはやふる -結び- (2018-05-13 00:00)
 キングスマン / ゴールデン・サークル (2018-04-13 00:00)
 スター・ウォーズ / 最後のジェダイ (2018-01-04 00:00)
 パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊 (2017-10-01 00:00)
 忍びの国 (2017-08-18 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。