懐中時計 鉄鼠の檻 2巻 / 志水アキ・京極夏彦

後から後から坊主がわんさか。それでもやっぱり坊主の描き分け素晴らしい。「鉄鼠」だと割と優秀な益田刑事に吹く。

夏目友人帳 22巻 / 緑川ゆき
友人帳誕生話、かなり切ない話で動揺。妖怪に喧嘩売りまくり!みたいな半分コミカルなものを想像していた。宿の話が好み。老舗の不思議な風習ってこうやって増えていくんだなーと。

3月のライオン 13巻 / 羽海野チカ
あれ?表紙の主人公の位置おかしくない?と思ったけど、合っていた。二海堂くん輝きすぎ。

春待つ僕ら 8巻 / あなしん
初々しさに悶え死ぬ。告白してからの押し具合は潔くて格好良い。バリバリの三角関係ものだけど、どちらも応援したくなって困る。

マダム・プティ 10巻 / 高尾滋
相手は王族だし、てか次期国王だし、そもそも国違うし、とか十分過ぎるほど分かっているけど本音が溢れちゃう万里子可愛い。


タグ :読書


王冠 2017年11月22日 │漫画コメント(0)

懐中時計 鉄鼠の檻 1巻 / 志水アキ・京極夏彦

原作は坊主だらけで大混乱した話。絵で描き分けてもらえて大変助かる。美坊主いいね。本当によく分からないまま読んでいたので、既にこういう話だったっけ?状態。この漫画版を参考書にして原作をまた読もう。

ちはやふる 35巻 / 末次由紀
みんなが主役で脇役みたいな思いは分かったけど、漫画自体もそうされてしまうと何が何やら。シンプルにちはや主人公のスポ根でいいのに。唐突に闇落ちした太一に吹いた。どーした。

あなたのお背中、流したい。 2巻 / 山口美由紀
ほのぼの多めで和んだ。エロ絵本と化している「エロリー」が気になって仕方ない。 山口さんの描く少女マンガ的筋肉が好き。BL短編にちょっと泣かされた。

一の食卓 5巻 / 樹なつみ
過去話終了。これを踏まえての「あきらめるな」「あらがえ」、重い。

星のとりで ~箱館新戦記~ 1巻 / 碧也ぴんく
幕末に疎いので、函館戦争とか薄ぼんやりとしか知らない。勉強するつもりで読ませてもらおうー。相変わらずの参考文献量に慄く。

春待つ僕ら 7巻 / あなしん
表紙に惹かれて特装版購入。文化祭楽しそうでいいなー。表紙のようにどちらとも距離が縮まってどうするのか。2人とも応援したい。


タグ :読書


王冠 2017年09月03日 │漫画コメント(0)

懐中時計 ちはやふる 34巻 / 末次由紀

高校3年生の岐路、このぐるんぐるんに悩む様が懐かしい。3年つぎ込んだ部活、とりあえずここで締め組とこれからも続ける組の温度差と寂しさとか共感。

春待つ僕ら 6巻 / あなしん
6巻目にして主人公が表紙。浅倉くん頑張った!でももっと頑張れ。

マダム・プティ 8・9巻 / 高尾滋
舞台はインドへ。やっと両想いになったけれど、万里子の暴走癖が変わらないのでラブラブ度よりハラハラ度の方が大きい。当初のオリエント急行殺人事件みたいな話から、現在のインド王族に嫁ぐ話になるとは思わなかった。

あなたのお背中、流したい。 1巻 / 山口美由紀
表紙とタイトルにちょっと動揺したけれど、温泉に入ったように温かくなれた。なにこの優しさ。ストレートに泣かせにくるから困る。

一の食卓 4巻 / 樹なつみ
ひとつ山を越えて話は過去へ。このままパン屋の侍パラダイス化話が続くと思っていたのに戻りますか。フェリさん不足になりそう。

絡新婦の理 三・四巻 / 志水アキ・京極夏彦
完結。すごい勢いで進んであっという間に終わる。原作読んだ時は混乱しまくった覚えがあるけど、漫画の分かりやすさ万歳。

義経鬼 5巻 / 碧也ぴんく
平家滅亡でやっと2人が分離! でもおめでとうとは言えない薄暗さ。頼朝兄さん怖すぎ。史実的な結末は知っているけれど、漫画的にどんなEDへ持っていくか気になる。


タグ :読書


王冠 2017年05月02日 │漫画コメント(0)

懐中時計 ちはやふる 33巻 / 末次由紀

肉まんくんは部員としてもそれ以外でもカッコイイ。男前。そして富士崎の子たちは桜沢先生が好きすぎでカワイイ。一緒に先生を写メりたい。そろそろ終わりが見えてきた?

春待つ僕ら 5巻 / あなしん
あやちゃん、ただの困ったチャラ男じゃなかった。かなり好感度上がった。自覚した浅倉くんとの合同練習という名の戦いが楽しみ。

3月のライオン 12巻 / 羽海野チカ
重苦しい空気から一転ほのぼのへ。おねいさんの相手を真剣に選ぶ零に吹く。一気に候補が出すぎ。

女王の花 1~3巻 / 和泉かねよし
アジアンファンタジー? 好みの雰囲気だけどあちこちに既視感。 身分違いの恋とか成長とか大好物だからいいけど。ちょっと展開が早くてあっさり。

義経鬼 4 / 碧也ぴんく
兄弟のすれ違いっぷりがもどかしい。ラブ方向でイイ感じにしつつも、史実通りに退場する人は退場させる容赦のなさ。

夏目友人帳 21巻 / 緑川ゆき
ミニ先生が可愛すぎる!の一言。黒ニャンコの時といい中身は大物というギャップもまたいい。


タグ :読書


王冠 2016年10月25日 │漫画コメント(0)

懐中時計 ちはやふる 31・32巻 / 末次由紀

31:浮き上がりそうで沈んでいる太一に浮上の兆し。周防名人が指導者に見える。せっかくの千早vs新の試合が結構あっさり進んでしまったなぁ。
32:同じ目標に向かって全力で走れる仲間ができたり、ずっと残る傷になるような後悔をしたり、それが高校時代だよなーと。とにかくヒョロくんおめでとう!

一の食卓 3巻 / 樹なつみ
パン屋に物騒な仲間が集まり過ぎ。新選組が再結成できる勢いだ。フェリさんそのうち萌え死ぬ。

絡新婦の理 2巻 / 志水アキ・京極夏彦
見えない蜘蛛の巣の存在に気付く巻。毎回ややこしい部分が分かりやすく整頓されていて助かる。刑事辞めたての益田がなんか可愛くて吹く。

マダム・プティ 7巻 / 高尾滋
最終巻かと思ったよ、この表紙。実際は第2部の始まりのような巻だったなぁ。やっぱり万里子の行動は誰にも止められない。

夏目友人帳 20巻 / 緑川ゆき
夏目の今の環境がちび夏目にはおとぎ話のように感じるというのが切ない。


タグ :読書


王冠 2016年07月25日 │漫画コメント(0)

懐中時計 春待つ僕ら 1~4巻 / あなしん

確かジャケ買い。逆ハーものかと思ったけどそうでもない。皆仲良くワイワイしていて和む。青春だなぁ。じわじわピュア路線で距離が縮まっていくのがたまらなく良い。元・憧れの心の友くんの巻き返しに期待。

ダメな私に恋してください 1巻 / 中原アヤ
ドラマを見て気になったので読んでみる。元の方がよりダメっぷりが強いんだなぁ。でも掛け合いのテンポがすごく良い。

ちはやふる 30巻 / 末次由紀
太一がダークサイドへ進む話……ではなかった。名人がちゃんと(?)指導しているのが意外。かるた部の後輩たちが成長しているのが頼もしい。そこに部長がいないのが寂しいけれど。

ひるなかの流星 12巻 / やまもり三香
ヒーローくんがどんなに非道でも当て馬くんがどんなに献身的でもヒロインはヒーローを選ぶ、それが少女マンガ。最終話の最後の最後で覆されて衝撃を受けた。はじめから決まっていたようだけど本当にびっくり。


タグ :読書


王冠 2016年02月29日 │漫画コメント(0)

懐中時計 絡新婦の理 1 / 志水アキ・京極夏彦

絡新婦といえばプロローグ、それくらい印象的な部分が省略されていてビックリ。でもあれは小説ならではの演出だよねと納得。女生徒がみんな天使カワイイ。

義経鬼 3 / 碧也ぴんく
常に不穏な感じでドキドキ。頼朝兄さんの神経質さが怖い。次は大きな見せ場。

特盛!天下一!! / 碧也ぴんく
お小姓ボーイズが帰ってきた!どシリアス話からおバカな日常話まで外伝的なあれこれ。やっぱりみんな好きだー。


タグ :読書


王冠 2015年12月20日 │漫画コメント(0)

懐中時計 百器徒然袋 面霊気 / 志水アキ・京極夏彦

最終巻。好き放題暴れまくるエノさん&振り回される面々が見られなくなるのは寂しい。次は本編、鉄鼠飛ばして絡新婦。本編も漫画が追いついてしまいそうだ……。

乱と灰色の世界 7巻 / 入江亜季
最終巻。何この厚さ!と思ったけれど、読み終わる頃にはもっと厚くてもいいのにーと。素敵な成長物語でした。

闇の守り人 1巻 / 結布・上橋菜穂子
いきなり「闇の守り人」から漫画化?と思ったら、とっくに「精霊の守り人」は漫画になっていた。いつか読もう。原作の世界観を壊さない作画に好感。

マダム・プティ 6巻 / 高尾滋
帯の「インドの王子様が日本の女の子に恋をした」に吹いたけど、ニーラムが自覚した! 過保護だったり嫉妬したり、だいぶ感情豊かになってきた。可愛い。列車の頃とは全然表情違うなぁ。パドマにも救いをー。


タグ :読書


王冠 2015年08月03日 │漫画コメント(0)

懐中時計 夏目友人帳 19巻 / 緑川ゆき

今回はほっこり系から不気味系までバランス良く。やっぱり石洗い様の話のような優しい話が好きだなー。犬の会メンバーは出てくるだけで癒される。

一の食卓 1巻 / 樹なつみ
樹なつみの和もの!しかも新撰組で料理もの!?……何それどういう無茶合成。新撰組というか元新撰組だった。「掟」というワードに弱いの可愛いな。きちんと食卓についてしまうのも可愛い。

義経鬼 2巻 / 碧也ぴんく
ただでさえ濃いメンツなのにオネエが仲間入り。こんな怪しい集団ないな。兄上も曲者っぽくて楽しみ。

星紋の蛍 2巻 / 碧也ぴんく
全4巻予定が掲載雑誌休刊のため2巻で終了とか……。ここから面白くなりそうなのに残念。

■パラダイス パイレーツ 5巻 / 山口美由紀
最終巻。ちょっと駆け足気味だったなー。でも皆がハッピーエンドっぽいのにニヤニヤ。短編の切ないけど前向きなほろ苦EDにぐっときた。


タグ :読書


王冠 2015年05月10日 │漫画コメント(0)

懐中時計 百器徒然袋 雲外鏡 / 志水アキ・京極夏彦

榎さんは本当マンガ向きだなー。文章でも面白かったけど絵にすると破壊力が増す。たとえ罠に嵌ってもそのまま突き進む破壊神っぷりいい。

姑獲鳥の夏 4巻 / 志水アキ・京極夏彦
最終巻。文章でもキツイ部分が絵だとさらにグロい。次は女郎蜘蛛だそうで……鉄鼠が飛ばされた。姑獲鳥も飛ばされた存在だったから希望は持っておくけど。

芙蓉千里 / 梶原にき・須賀しのぶ
漫画版。フミもタエも可愛いー。ああ、少女期のここで終わっちゃうのかー。切りはいいけど、この先も漫画で読んでみたい!

お伽もよう綾にしき ふたたび 5巻 / ひかわきょうこ
相変わらず殺伐としていたりほっこりしていたりで忙しい漫画だ。この憎めない悪役もお約束だけどいい。たぬきが可愛すぎる!

マダム・プティ 5巻 / 高尾滋
指輪を手放したことで一応万里子サイドは決着? そして話はニーラム中心に。お義姉さまの「たかが一度不幸になっただけで負けちゃ駄目よ」、素敵なセリフだ。女性陣がやたらたくましい漫画。


タグ :読書


王冠 2015年03月10日 │漫画コメント(0)