懐中時計 ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー

 スター・ウォーズ外伝。IMAX3D字幕版で。
EP4でレイア姫がR2-D2に託すデス・スターの設計図はどういう経緯で姫の手に渡ったのかというEP3とEP4の間の話。

 ジェダイはいないしフォースも信じられていない、普通の人たちの物語で「スター・ウォーズ」として楽しめるかなーと思っていたけどそんな心配全くいらなかった。本編シリーズはコミカルな要素もあるスペース・ファンタジー、外伝はシリアス方向の戦争もの、それくらい印象は違うけど。「父と子」の関係性が中心に来るのは外伝でも変わらない。

 EP7ではBB-8の可愛さに和んだけれど、今回はK-2SOの男前さに惚れる。一言余計だったり「置き去りにしてやる」とか憎まれ口叩くくせに健気。格好良い。

 次にEP4を観る時には、また新しい気持ちで観ることができそう。


タグ :映画洋画


王冠 2017年01月11日 │劇場コメント(0)

懐中時計 金ちゃんマグカップ



 応募したことすら忘れていたけど当選したらしい。

 auの三太郎グッズ「金ちゃんマグカップ」2個セット。
小物入れとして使おうかなー。


タグ :三太郎


王冠 2016年12月16日 │その他コメント(0)

懐中時計 ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

 「ファンタビ」と略すらしい。
「ハリー・ポッター」の外伝? とにかく同じ世界観の過去話。全然前情報を入れなくても大丈夫だった。

 3Dのちょうどいい時間のがなくて2Dで観たけれど、これ3Dで観なきゃダメな感じだ。もったいないことした。派手な魔法バトルや魔法動物たちの動きとか3Dで観たかったなぁ。どうやらシリーズものらしいので、次からは気を付けよう。

 メイン4人はそれぞれ個性的でいいバランス。ニュートのちょっとオドオド可愛いのに強いってところも好み。発情した魔法動物の捕獲のために求愛ダンスを踊る様がインパクト大だった。

 全く知らずに観たので最後にビックリしたけれど、次以降に出てくるってこと? 若ダンブルドアも出てくるみたいだし楽しみにしていよう。


タグ :映画洋画


王冠 2016年11月29日 │劇場コメント(0)

懐中時計 囚われのパルマ:ハルト編



 カプコン発の女性向けゲームアプリ。メーカー名と綺麗なキャラデザに釣られて購入。ジャンルは「ガラス越しの体感恋愛アドベンチャー」。

 好感度が存在しない+1キャラマンツーマンな珍しいタイプ。選択の積み重ねでED分岐したり、こちらの性格が把握されるのが面白い。この勝手に性格判断システムが結構当たる。ちなみに公式サイトの性格判断でも同じようなことができる。それでは「腹黒チワワ」や「鍵がかかりすぎた扉」と判じられ、自分の壁作りっぷりをちょっと反省した。

 オフィーリアっぽいイメージイラストに惹かれて始めたけれど、3Dモデルもめちゃめちゃイケメン。仕草や表情も細かく作られているなーと見惚れてしまう。ストーリーはミステリー色が濃いめなのが好み。自社ネタがあちこちにあるのも楽しい。




王冠 2016年11月08日 │プレイ記:乙女コメント(2)

懐中時計 ちはやふる 33巻 / 末次由紀

肉まんくんは部員としてもそれ以外でもカッコイイ。男前。そして富士崎の子たちは桜沢先生が好きすぎでカワイイ。一緒に先生を写メりたい。そろそろ終わりが見えてきた?

春待つ僕ら 5巻 / あなしん
あやちゃん、ただの困ったチャラ男じゃなかった。かなり好感度上がった。自覚した浅倉くんとの合同練習という名の戦いが楽しみ。

3月のライオン 12巻 / 羽海野チカ
重苦しい空気から一転ほのぼのへ。おねいさんの相手を真剣に選ぶ零に吹く。一気に候補が出すぎ。

女王の花 1~3巻 / 和泉かねよし
アジアンファンタジー? 好みの雰囲気だけどあちこちに既視感。 身分違いの恋とか成長とか大好物だからいいけど。ちょっと展開が早くてあっさり。

義経鬼 4 / 碧也ぴんく
兄弟のすれ違いっぷりがもどかしい。ラブ方向でイイ感じにしつつも、史実通りに退場する人は退場させる容赦のなさ。

夏目友人帳 21巻 / 緑川ゆき
ミニ先生が可愛すぎる!の一言。黒ニャンコの時といい中身は大物というギャップもまたいい。


タグ :読書


王冠 2016年10月25日 │漫画コメント(0)